北関東よもやま話|群馬・栃木・茨城と新潟を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • 記事種類
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節

検索条件リセット

閉じる

 . $type .

迫力満点!四季折々に変化する日本三名瀑「袋田の滝」

茨城県北にある、久慈郡大子町。

 

奥久慈しゃもやりんご農園で有名なこの地域には、連日多くの観光客が押し寄せる地域である。

 

この大子町には、日本の名勝に指定されている、「袋田の滝」がある。

久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120m、幅73mある。

冬には「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することで有名である。

 

入口にある長いトンネルを抜けると、まず最初に目にするのが、

 

恋人の聖地像である。

恋人の聖地とは、NPO法人「地域活性化支援センター」が少子化対策として展開する「恋人の聖地プロジェクト」において設置されたものである。

全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選び、観光客誘致の一環として取り入れられた。

 

ちなみに「恋人の聖地」として【滝】が選定されたものは全国初である。

 

さらにトンネルを進んでいくと、袋田の滝を間近でみることのできるスポットに到達する。

 

華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられている場合もあり、日本の滝百選にも選定されている。

 

また大岩壁を四段に流れていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれており、四季それぞれに違う顔を覗かせる珍しい滝でもある。

 

最後に、長いトンネルを抜け展望台に行くと、見えてくるのは、、、

 

袋田の滝を上から見下ろすことができる絶景スポットである。

 

展望台から見下ろすのも良し、下から眺めるのも良しの袋田の滝。

四季折々の風景を楽しみながら、観光を満喫することができる。

 

今度観光する際は、冬の氷瀑を見てみたいと思う。

 

 

〒319-3523
茨城県久慈郡大子町袋田3-19
2018年06月29日 | ライター:木村直貴 | 場所:茨城県 | カテゴリー:自然・景色 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索