北関東よもやま話|群馬・栃木・茨城と新潟を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • 記事種類
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節

検索条件リセット

閉じる

 . $type .

気取らず、飾らず50年。無添加にこだわったやさしい味

今川焼き、大判焼き、太閤焼きなど全国色々な呼び名がありますが
前橋で昔から愛されているのが「甘太郎焼き」

前橋の中心市街地にあるここ「よね屋」さんは
昭和34年創業のレトロな雰囲気のお店だ。
大きな専用の鉄板で焼いている所は
見ているだけでも楽しく、甘い香りが食欲をそそられる。

お伺いしたのが朝だったので、家族総出、大忙しで焼き上げていた。
社長と息子さんの2人のコンビネーションで焼き、
お母さんが箱詰めを行う。

50年以上も、商品は「甘太郎焼き」のみ。
十勝産の小豆を使ったこだわりの黒餡と
しっとりとした味わいの白餡の2種類だ。

生地は、市販のミックス粉を使わず
自家製で調合しているオリジナル。
生地の仕込は大量の作り置きは一切しないと言う。
「タネには寿命があるから、置いとくと力がなくなっちゃうんだよ。
継ぎ足し継ぎ足しやる事でコクも香りもあっておいしくできる」

味へのこだわりが感じられる社長の一言。

黒餡を1ついただくと、
ふわっと優しい味が口に広がり、たっぷりの餡子が何とも言えない旨さ。

お土産用の10個入りは箱詰めされ
「前橋名物甘太郎焼き」と書かれた紙で包装。
今では、ほとんどみかけないが
寿司屋のように紐でくるっと折詰のようにしてくれる。

昭和の時代にタイムスリップしたような
昔懐かしい感覚を味合わせてくれる素敵なお店だ。

最後にご家族の写真を撮影♪
いつまでもやさしい味を届けて下さいね。

■甘太郎焼き(有)よね屋
住所/群馬県前橋市千代田町5-6-10
TEL/027-231-7431
2012年08月07日 | ライター:篠原 輝充 | 場所:| カテゴリー:商店  

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索