北関東よもやま話|群馬・栃木・茨城と新潟を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • 記事種類
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節

検索条件リセット

閉じる

yomoyama-ibaraki

茨城から世界へ! ≪ume cafe WAON≫ 梅の可能性を広げ、人と人とをつなぐ場所

茨城県中部の太平洋岸にある、大洗町。

ほんのりと磯の香りが漂う街並みには、パンフレットを片手に観光客が歩いている。

旅館や大衆食堂が並ぶなかに、ひっそりと建っているのが、

天保元年創業の漬物販売店「吉田屋」が運営している、日本初の梅専門カフェ「ume cafe WAON」だ。

 

 

 

まず店内に入って見えるのが、カウンターに並ぶビンに入った9種類の梅干し。

 

酸っぱいものから甘いものまで、自分好みの味の梅干しを選んで、おにぎり・お茶漬けで食べることができる。

 

 

私が頂いたのは観梅期間限定メニューの「梅ランチプレート

 

梅型のごはんにのった梅干しの他にも、梅酢につけこんだ鶏のからあげ、厚揚げの梅肉添え、涸沼のしじみ汁など、地元食材と梅をコラボレーションさせたメニュー構成だ。

 

その他にも梅ジャムと梅ゼリーを使用したロールケーキなど、梅を使用した斬新なメニューが多い。

メニューの企画・考案は社長自らが行い、奥様が調理や盛り付けを考案しているという。

 

その斬新なアイデアは、いったいどこからくるのだろうか?

八代目であり、社長の大山壮郎さんにお話を聞かせて頂いた。

 

「アイデアは、人との出会いから生まれています」

 

 

もともとお店を出すきっかけになったのが、「常陸乃梅シロップ pure sweet」という商品。

 

茨城県の観光名所の一つである、偕楽園は梅の名所でも知られ、梅干しだけでなく、梅にちなんだ製品も多い。

しかし、その原料の梅のほとんどが茨城県産ではなかった。

茨城の梅農家のほとんどは、青梅だけを出荷しており、完熟した梅はそのまま落果させているからだ。

 

そんな中で大山さんが出会ったのが、真っ赤な色が特徴的な「露茜(つゆあかね)」という新品種を作っている農家の方。

珍しい品種の使い道がわからずにいるという話から、その発色を生かせないかというアイデアがひらめき、「梅シロップ」が生まれた。

 

 

「梅というと『すっぱい』『しょっぱい』というイメージを持つ人が多いですが、もっともっと可能性がある。

梅の可能性を広げる商品を作り、そこに人々が集まる。そしておいしい梅を買って帰れるような場所を提供したいんです。」

 

そうした大山さんの熱い想いと、地元の方々の想いが重なって、「ume cafe WAON」が誕生した。

 

 

店内では食事を食べられるだけではなく、商品を購入することもでき、人気の商品は「スイート梅」。

完全個包装タイプの梅干しで、一つ一つ手作業で包装している。

 

 

「今の時代、たくさん入った梅干しを、皆でおすそ分けするシーンはなかなかない。

友達との集まりなどで持っていくのも、大体お菓子が多い。

そういった中で、梅干しの可能性を広げるために、手土産としておすそ分けしやすいように個包装で、

スイーツ感覚で食べられるような甘い梅干しは作れないか?と思い、この商品を作りました。」

 

 

 

最後に、社長に今後のビジョンについて伺ってみた。

 

 

「ベトナムなどをはじめとした、海外展開を準備中です。

今ベトナムの若者には、空前のミルクティーブームで、ミルクティーにいちごシロップなどを入れて、

フレーバーをつけているのがトレンド。その中で『梅シロップ』を生かせないかと企画中です。」

 

「まだまだやりたいことは尽きません。」

 

 

 

店名の「WAON」は吉田屋の梅と茨城の食材、そして人が一緒になって「和音」を奏でる、といった意味が込められている。

 

この「和音」が、茨城から世界へ広まっていくのが楽しみだ。

■ume cafe WAON
定休日:水曜日(臨時休業あり)
営業時間:10:00-18:00(L.O. 17:00)
住所:〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町624
TEL:029-229-1223
2018年04月12日 | ライター:入部夏実 | 場所:茨城県 | カテゴリー:   飲食店 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索